神津島で夢のアホウドリツアーを実現へ!!

と言っても、実際にどのぐらいのアホウドリと会えるかまだまだ未知数なので、今年は【モニターツアー】となります。

【まず、アホウドリとは、、、】


名前だけなら日本人の誰でもご存知でしょう。

翼を広げたら2mを超える日本最大級の海鳥です。

しかし、繁殖地は伊豆諸島の鳥島、尖閣諸島、最近では移住プロジェクトを進めている聟島列島と非常に限られています。


昔、人間が羽毛目的で乱獲してしまったため、一時期絶滅宣言が報じられるほど数を減らしてしまいましたが、さまざまな保護活動により、近年は個体数が復活してきました。



【なぜ、神津島でアホウドリを??】


神津島に移住を考えていた段階で、アホウドリが島の近海でも餌を求めて飛来していることは予想していたのですが、ツアーができるなんて夢の話だと思っていました。

しかし、昨年の春に漁師さんから"漁をしているとアホウドリが飛んでくるんだよ"という思いがけないお話から"クジラのように観察ツアーができるんじゃない?"と声をかけて頂いたのが始まりでした。


【なぜ、そこまでアホウドリを??】


私が2010年に小笠原のガイドショップに就職した際、ありがたいことに聟島での移住プロジェクトを紹介して頂きました。それから毎年スタッフとして関わり、2014年には最大の繁殖地の鳥島に調査員として上陸させて頂きました。

これらの活動に携わっていると、様々な人生経験を持ったボランティアの方や研究者の方との面識が増えました。なかには外国人の研究者もいらっしゃいました。

海外で生活してみたい、もっと世界を知りたい、英語も勉強しよう、、、

今でもアホウドリと出会えたことが人生のひとつのターニングポイントだと思っています。


そのアホウドリにいつかは恩返しがしたい、その想いから今回のツアーを企画しました。

【まずはモニターツアーから】


漁師さん曰く、ゴールデンウィークにはアホウドリの姿が見れなくなるということから、今年は4月26日までを予定しています。

料金も日程も調整しなくてはならないのですが、とにかくアホウドリが見たい!!4月中に神津島に来れる!!という方はご連絡ください(^^)


306回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示

【重要】島内で通信障害

海底ケーブルに問題が発生したため、島内の光回線がストップしております。 ・家庭用のインターネットが繋がりません。 ・光回線を利用した固定電話もかかりません。 ・携帯電話はどのキャリアも仮復旧しました。 (光回線ではないため、回線が込み合います) ・郵便局のATMは復旧したそうです。 ゴールデンウィークまで復旧しない可能性が高いです。 回線に限りがあるため、Full Earthについては下記のご協力

© 2018- Full Earth All Rights Reserved.