天上山のプレデター

天上山には、表砂漠や裏砂漠と言った地名があるぐらい砂地が多いです。

その砂地を歩いていると、逃げるように俊敏に飛び回る昆虫を良く目にします。

気にしなければ、ただのハエかなと思ってしましますが、

正体はコニワハンミョウという別の昆虫。

体長は約1cmほど、ほんとにハエサイズ。

上翅の斑紋が見事です。

ハンミョウの仲間はこの斑紋が様々で綺麗です。

見張り中??自分の縄張りがあるらしいです。

本土でしたら、平地から山地まで生息しており、特に河原で見かけることが多いです。

そして一番の特徴は、まるでプレデターのようなこの大きなアゴ!!!!

これで他の昆虫をプレデターのごとく襲います。


春先から姿を現し、これから秋までは見られそうです。

残念ながら、天上山は国立公園内なので、採集して間近でお見せすることができません。

それでも、気になる方がいらっしゃったら、あれがプレデターですよとご案内できますので、お声掛けください(^O^)


10回の閲覧

© 2018- Full Earth All Rights Reserved.